« 不安と批判を行動に変える年に! | トップページ | 息抜きで疲れないように… »

講座、授業、講演で寒さ知らず!

年始の密かな誓いは、破るためにあったのかなあ…と思うほど、またまたご無沙汰です。

小学校2校の食プログラムの授業と中学校2校の食特別授業があり、食品添加物の講演依頼もお陰様で続いており、まちデザイン市民講座もたくさんの方たちにご参加いただき…おまけに、CSもBELLEも来年度の企画を立てる時期ですから、休む暇はありません。

それでも風邪もひかず元気でいられることの一つに、人との出会い、再会があるなとつくづく思います。

以前ご一緒した時は、まだ独身だった彼女が、子連れで添加物講座に参加してくれたり、BELLE開講当初にベビーカーの子どもを預けて受講してくれていた彼女と講座で再開、それがきっかけで、4月から小学生というその子と親子クッキングに参加してくれたり。

来期のまちデザイン市民講座には、かつてご一緒させていただいたことのある方にご出講いただこうと考えてもいます。

講座企画や講演を中心にしていると、どれだけの人に出会い、その出会いを大切に心にとどめ、次の機会をつくれるかがとても大切。本当に人が財産だと思うのです。

そして…小中学校の授業で出会う子どもたちは、どんどん成長し、一人ひとりを覚えていることはなかなかできないのですが、それでも私たちの授業のことが、みんなの心に少しでも残ってくれるとうれしいです。

そんな思いで、今日もこれから、5年生の食の授業に出かけます。
しっかりした子どもたちで、感想を読むと、たくさんのことをきちんと受け止めてくれた上に、すでに解決策まで書いてくれていて、驚きです。日本でもっと作物を作り、それをきちんと買う人も増やす、日本の自給率を上げるために私も農業をやりたい、と書いてくれる子どもも。中学生よりきちんと読みやすい字で綴られた感想、でも、通り一遍でない個性豊かな感想に感動さえ覚えました。
子どもたちの力を引きだす先生のご努力の賜物でしょうね。

|

« 不安と批判を行動に変える年に! | トップページ | 息抜きで疲れないように… »